読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

J.F.F.

Life with Japanese Freshwater Fish

Cube a Stump到着。

水槽

120cm水槽用に新たな水槽台をオーダーしていました。

 

高品質で評判の森の贈り物(http://morinookurimono.net)さんのCube a Stumpです。

 

f:id:JFF:20170119182805j:plain

 

給排水パイプや配線類をできるだけすっきりさせたかったので、天板に穴あけ加工していただきました。

f:id:JFF:20170119182816j:plain

 

f:id:JFF:20170119182840j:plain

f:id:JFF:20170119182827j:plain

 

噂に違わず非常に丁寧な作りで大満足です。

 

ロタラ・ロトンディフォリアの様子。

水草

f:id:JFF:20170115192351j:plain

 

先端がピンク色です。

 

非常に調子が良いようです。

どうやらカリウムや鉄分をはじめとした微量元素が不足していたようです。

 

大磯砂ならではかと思います。

 

フィルタ清掃。

水槽

f:id:JFF:20170114113820j:plain

 

久しく清掃した記憶がありません。

3ヶ月くらい?

 

結果、あまり汚れていませんでした。

 

レッドファントムテトラ”ルブラ”

熱帯魚

f:id:JFF:20170108175036j:plain

 

レッドファントムテトラ”ルブラ”を8匹導入しました。

 

点滴法での水合わせ(およそ4時間)後、水槽に投入です。

当初は水草の影に隠れていましたが、1時間ほどすると前面にも出てくるようになりました。

 

元気を維持できるように頑張ります。

 

 

水槽大型化計画。

水槽

f:id:JFF:20161230201847j:plain

 

2016年も終わろうとしていますが、水槽の大型化を目論見始めました。

 

現在はコトブキ工芸社製の90cmスリム水槽(幅90cm✖️奥行30cm高さ36cm)ですが、ADA社の120cm規格水槽(幅120cm✖️奥行45cm✖️高さ45cm)に変更します。

 

90cmスリム水槽は水量も極端に多くなく、非常に使い勝手が良いのですが、植えられる水草の量や飼育できる魚の数をもう少し増やしたくなったのです。

 

水槽台はオーダー中でまだ手元にありません。

出来上がってから水槽や用具を買い揃えようと考えていましたが、待ちきれなくなって買ってしまいました。

 

2017年は120cm水槽の立ち上げで始まりそうです。

 

 

液肥。

水槽

f:id:JFF:20161203170929j:plain

 

できるだけ液肥には頼らないようにしていたのですが、水草の調子が今ひとつなので購入してみました。

 

ごく少量から始めてみようと思います。

 

熱帯魚。

f:id:JFF:20161009204246j:plain

 

小さなキラキラした誘惑に負け、熱帯魚を購入しました。

 

グリーンネオンとアフリカンランプアイです。

日本、南米、アフリカの混合になってしまいました。

 

タナゴは当初導入した2ペアから稚魚も生まれました。

タナゴもメダカもそれ以上は増やす予定はありませんでしたので、彼らが天寿を全うするときまで混泳です。

 

今のところ、特に小競り合いもないようです。

タナゴの稚魚がアフリカンランプアイについてこられて困惑しているくらいです。