J.F.F.

Life with Various Freshwater Fish

コケ取り(ガラス面)。

60cm水槽は有茎草の量が足りないのか、安定していないからなのか、ガラス面のコケがつきやすい状態です。

 

f:id:JFF:20190615180244j:plain

一週間でこれくらい。

 

先週は時間がなかったため、各水槽とも前面のガラス面だけ掃除しました。

120cmも60cmもメダカもヨシノボリも、側面ガラスのコケが目立ち始めたので、きれいに掃除です。

f:id:JFF:20190615180254j:plain

すっきりしました。

 

各水槽のCO2ディフューザーも清掃し、少し水草の手入れもしました。

 

120cm水槽は、荒ぶり始めたハイグロフィラ・ポリスペリマを差し戻しました。

f:id:JFF:20190615180306j:plain

 

メダカ水槽はミクロソリウムの根に絡んでいたアオミドロを取り除きました。

メダカは徐々に減少し、現在は4匹。

エビ水槽と化してきています。

f:id:JFF:20190615180329j:plain

 

メダカの稚魚は今の所全員息災のようです。

f:id:JFF:20190615180339j:plain

プラケースでは水質の悪化が早いようでしたので、空いていたDOOAのネオグラスエアの30*18*12に変更しました。

 

 

 

安定中。 

 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

にほんブログ村

 

 

稚魚(メダカ)・稚エビ(ルリーシュリンプ)。

メダカの稚魚の輪郭がだいぶはっきりしてきました。

f:id:JFF:20190601193034j:plain

ちょっとサカナっぽくなったかな…。

 

私は数え切れませんでしたが、息子によると9匹いるようです。

水換えなし足し水のみ、極小のエアレーション、ときどきテトラ社の6in1で水質チェック。

 

どのくらいの期間でどのくらいの大きさになるんでしょう。

 

 

メダカ水槽ではルリーシュリンプが増えました。

f:id:JFF:20190601193043j:plain

赤い点々がだいたい稚エビです。

メダカに食べられずによく育った…。

 

 

 

120cm水槽はロタラ・ロトンディフォリアをカットし水換え。

60cm水槽もロタラ・トワイライトをカットし水換え。

メダカ水槽とヨシノボリ水槽は水換えのみ。

 

ガラス面のコケは60cmだけがやや多く、他はサボっても大丈夫そうな程度でした。

 

水換えは浄水器のおかげで劇的に楽になりました。

 

 

 

書くことがありませぬ。

 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

にほんブログ村

 

 

好調。

なんだか全体的に好調です。

 

120cm水槽はロタラがかつてない密度になりました。

f:id:JFF:20190525200056j:plain

 

ミクロソリウムも巨大化。

f:id:JFF:20190525200109j:plain

 

ポリゴナム(佗び草の成れの果て)は枯れも溶けもせず。

カットして差し戻してみました。

f:id:JFF:20190525200043j:plain

 

クリプトコリネ・ペッチーは相変わらずですのでガラス面付近だけ間引きました。

引っこ抜くと大変なことになりそうなので、葉だけカットしました。

f:id:JFF:20190525200121j:plain

他の株が溶けませんように。

 

 

60cm水槽の住人、サイアミーズ・フライングフォックスヤマトヌマエビは大層働き者なので、ヘアーグラス・ショートが引き抜かれます。

パウダータイプのソイルをさらに上からかぶせました。

f:id:JFF:20190525200219j:plain

グリーンロタラをカットしました。

先週カットしたロタラ・インディカとロトンディフォリアは脇芽が出始めました。

 

 

メダカ水槽ではルリーシュリンプの稚エビが生まれました。

f:id:JFF:20190525200154j:plain

f:id:JFF:20190525200135j:plain

 

残念ながら、コハクミユキメダカが1匹やせ細って死んでしまいました。

餌の量も増やしたんですが、日光不足か…。

 

メダカの稚魚も生まれました。

f:id:JFF:20190525200208j:plain

親魚の水槽で卵が産み付けられていましたが、自然に任せる予定でした。

が、生まれた稚魚が食べられてしまう現場を目撃してしまい、急遽隔離したところ、翌日に孵化しました。

ギリギリだった…。

 

 

バケツリレーによる換水は好きですが、120cm・60cm・36cm二本は大変になってきたので、浄水器を導入しました。

f:id:JFF:20190525200231j:plain

まだ使っていませんが…。

 

 

換水ラクになるかな…? 

 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

にほんブログ村

 

 

ミクロラスボラ・ハナビ。

以前から飼ってみたいサカナでした。

「ミクロラスボラ」は2006年の発見当時にとりあえず分類されたそうで、現在は「セスティクティス・マルガリタートゥス」だそうです。

 

アンモニア騒ぎが収まらない先週に購入してしまいました。

(その2、3日前にヨシノボリ水槽からヤマトヌマエビを移動し、比較的害の少ないアンモニウムイオンのようであることを確認)

f:id:JFF:20190518171405j:plain

コケまみれの水槽へ。

 

ペンギンビレッジさんで購入しましたが、ラスボラ・ヘテロモルファくらいの大きさ、XLサイズでした。

在庫の4匹すべてと、サイアミーズ・フライングフォックスを4匹、ヤマトヌマエビを5匹と同時に購入です。

 

写真の通りコケが発生し始め、コケを食べてくれる生き物の投入が急がれたためです。

 

現在は亜硝酸と硝酸塩が検出されはじめたため、毎日1/3程度の水換え実施中です。

 

現在の様子。

f:id:JFF:20190518172714j:plain

すっかりキレイに。

ミクロラスボラ・ハナビは購入当初から色が出ており、販売水槽でストレスなく暮らしていたことが伺えます。

ヤマトヌマエビは流木や水草についたコケを、サイアミーズ・フライングフォックスヘアーグラス・ショートの溶けた水上葉をすべて片付けてくれました。

 

ロタラも順調に成長し、水面に達したインディカとロトンディフォリアをカットしました。

f:id:JFF:20190518171437j:plain

 

 

60cm水槽にうつつを抜かしている間、120cm水槽は日々の給餌と水草の栄養素の投入、一週間に一度の水換えのみでした。

が、なぜか全体的に調子が良さそうです。

こちらもロタラをカット。

f:id:JFF:20190518171450j:plain

やっぱり放っておくのが一番調子がいい…。

 

 

メダカは現在のところ全員健在ですが、1匹痩せ細り病の模様…。

f:id:JFF:20190518171501j:plain

難しいなぁ…。

 

 

ヨシノボリは手がかからなくて一番ラクです。

f:id:JFF:20190518173808j:plain

コケもほとんど出ません。

 

 

 

いまがいちばん順調かも。

 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

にほんブログ村

 

 

アンモニア濃度。

120cm水槽から種水をもらっているし、もしかしてサカナ入れても大丈夫じゃ…?

茶ゴケも出始めましたし、メンテナンスフィッシュくらいは入れたいところです。

f:id:JFF:20190505154402j:plain

 

流木に水カビ(?)も。

f:id:JFF:20190505154335j:plain

 

 

念のためスペクトラム・ブランズ・ジャパン(旧テトラ)社のアンモニア試験薬で検査しました。

f:id:JFF:20190505154424j:plain

Oh...。

5.0mg/l:全ての生物に致命的です。

 

まだサカナやエビは入れていませんが、アンモニアが高濃度で検出されました。

肥料の窒素分が出ているのかな…?

 

120cm水槽の水で急遽換水です。のべ60リットル。

(30リットル排水し、30リットル注水、これを2セット行いました)

換水後。

f:id:JFF:20190505154437j:plain

1.5mg/l:全ての生物に非常に有害です。

 

サカナの投入はまだまだ先ですね。

しばらく換水時に120cm水槽から水をもらうことにします。

 

ちなみにメダカ水槽。立ち上げはほぼ同時期です。

f:id:JFF:20190505154449j:plain

0mg/l:理想的な条件です。

 

小さな水槽にたくさん生物がいますが、前の水槽から底床を引き継いだこと、底床中に肥料分が存在しないこと、微量ながら硝酸塩が検出されたことを考えると、概ね順調に立ち上がりつつあるのだと思います。

 

 

ヘアーグラス・ショートも根が出始めているようですが、同時に浮き始めてもいますので、上から少量のソイルをかけました。

f:id:JFF:20190505154412j:plain

足しソイル。一人前のアクアリストっぽい。

 

ロタラも順調に背を伸ばしています。

この分だと根も張ってきていると思います。

f:id:JFF:20190505154501j:plain

 

 

キレイに見える水でも実は毒水だった、というお話でした。

 

 

基本に忠実にやろう! 

 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

にほんブログ村

 

 

メンテナンス(の手順)。

駄文を書き散らした弊ブログですが、ありがたいことにブログ村検索エンジンからのアクセスをいただいています。

 

検索エンジンからのアクセス傾向を見ると、これから観賞魚飼育や水草水槽を始めるのかな?という方のアクセスが一定数あるようです。

 

立ち上げ方はもっとわかりやすく、良い方法が記載されたサイトがありますので、立ち上げたあとの水換えやメンテナンスについて記述しておこうと思います。

 

 

 

フタを洗う

まず、すべての水槽からフタを外し、洗います。

f:id:JFF:20190504145514j:plain

腕が美しくなく恐縮です…。

 

私は現在、120cm水槽:2枚、メダカ水槽:1枚、ヨシノボリ水槽:1枚、60cm水槽:1枚をすべて先に洗ってしまいます。

 

 

ゴミを取る

各水槽の水に浮いている水草などのゴミをとります。

f:id:JFF:20190504145527j:plain

網を使用してすくってしまっても良いと思いますが、数が多くなければピンセットでひとつずつつまんでいくのが楽です。

 

 

現在の水質を把握する

メダカ水槽と60m水槽は立ち上げから間もないので、水質を測定します。

テトラ社の6in1が便利です。

25回分(25枚)の測定紙が入っていますが縦に半分に切って使用すると50回分になります(笑)。

 

メダカ水槽

f:id:JFF:20190504145540j:plain

若干の硝酸塩を検出?

 

60cm水槽

f:id:JFF:20190504145551j:plain

特になにもなし。

 

テトラ社の6in1は、亜硝酸・硝酸塩以外はあまり見ていません。

アンモニア濃度、硬度、塩素濃度などは同社の専用の検出機材(液体)を使用しています。

 

pHも測っておきます(写真は水換え後)。

 

メダカ水槽

f:id:JFF:20190504145739j:plain

以外と低い…。

 

60cm水槽

f:id:JFF:20190504145750j:plain

炭酸ガスを多めに添加していますが、メダカ水槽とあまり変わらない…。

 

 

ガラス面のコケを取る

ガラス面についたコケを取ります。

 

ヨシノボリ水槽。

f:id:JFF:20190504145618j:plain

メダカ水槽。

f:id:JFF:20190504145637j:plain

120cm水槽。

f:id:JFF:20190504145645j:plain

60cm水槽は数日前に行ったので省略です。

 

 

 

水草を手直しする

必要があればカットしたり差し戻したりします。

 

ヨシノボリ水槽。

アマゾンチドメグサが暴走していたのでカットしました。

f:id:JFF:20190504152706j:plain

120cm水槽はルドウィジアをカットして差し戻しました。

f:id:JFF:20190504145605j:plain

 

 

水槽内の器具を洗浄する

コケが付着した器具類を外し、ハイター等に漬けておきます。

この手順はもっと早い段階でも良いと思います。

f:id:JFF:20190504145654j:plain

 

 

水を換える

水換えをします。

私はヨシノボリとメダカ水槽を先に換えてしまい、フタをして先にメンテナンス完了にします。

f:id:JFF:20190504145705j:plain

サカナたちも慣れたものです。

f:id:JFF:20190504145715j:plain

 

単純に換水だけなら写真にあるような器具があると便利です。

低床内を掃除する場合は水作社のプロホースなどが便利です。

 

水を入れる場合は注ぎ口のついたバケツや、お風呂用のポンプがあると捗ります。

 

 

仕上げ

洗浄していた器具を取り付け、ガラス面(表側)を拭き、フタをしておしまいです。

f:id:JFF:20190504145726j:plain

 

 

後片付け

使用したメンテナンス道具を洗ってしまいます。

f:id:JFF:20190504145801j:plain

 

 

その他

今回は120cm水槽に使用している常時監視型のpHメーターを校正しました。

f:id:JFF:20190504145812j:plain

f:id:JFF:20190504145833j:plain

pH4.0の校正中です。

 

0.5ほど高く表示される程度にずれていました。

校正後の水槽水のpHは5.9。少し低いですね…。

 

 

 

以上、私が一週間に一度行っているメンテナンスの手順でした。

ガラス面の清掃、水草のカットなどは必要のない場合もあります。

 

 

メダカは人に慣れ、人影を見ると寄ってくるようになりました。

f:id:JFF:20190504145822j:plain



 

f:id:JFF:20190504145432j:plain

 

 

60cm水槽のロタラは順調です。

 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

にほんブログ村

 

 

高尾山に登る。

小学2年生の息子と高尾山に登ってきました。

 

午前2時起床。

午前3時自宅を出発。

午前4時高尾山口駅駐車場着。

 

往路は6号路を登ります。

f:id:JFF:20190503191909j:plain

ヘッドランプを灯し、真っ暗な山道を約30分登ってきて休憩です。

 

この後、約30分毎に休憩をしながら午前5時45分、山頂に到着しました。

f:id:JFF:20190503191921j:plain

f:id:JFF:20190503191933j:plain

f:id:JFF:20190503191944j:plain

 

6号路はいわゆるハイキングコースで、少々のガレ場や足元の悪い場所がありますが、比較的起伏は緩やかです。

目安の所要時間が90分ですので、子供ながらに頑張ったと思います。

 

 

妻の作ってくれたおにぎりを食べます。

f:id:JFF:20190503191955j:plain

 

 

都心が眺望できます。

f:id:JFF:20190503192005j:plain

 

復路は1号路を下ります。

1号路は、山頂付近の宿坊や店舗に物資を運ぶ車の通り道でもあるので、舗装されています。

しかし勾配はかなり急で、下りでもつらいと思えるほどです。

 

明日は筋肉痛ですね。

 

 

 

水草ではありませんが…。

 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

にほんブログ村