J.F.F.

Life with Various Freshwater Fish

ゼブラオトシン治療完了。

白点病にしてしまったゼブラオトシンの治療が完了しました。

 

 メチレンブルー溶液(グリーンFリキッド)による薬浴を二週間です。

発見が早かったのか、幸いにも薬で死んでしまうことなく白点は消えました。

白点は3〜4日ほどで体から消えましたが、原虫の繁殖サイクルを断ち切るため二週間ほど薬浴が必要とのことで、隔離水槽で耐えてもらっていました。

 

 水合わせ中。

f:id:JFF:20180708192640j:plain

 

隔離水槽の中のゼブラオトシン

f:id:JFF:20180708192654j:plain

 

ようやく本水槽に合流できました。

f:id:JFF:20180708192706j:plain

 

この二週間、気が気ではありませんでした。

今度からもっと気をつけよう…。

 

 

さて、今日はちょっと思いついたことのために増岡ファームさんへ行き、溶岩石と流木を購入してきました。

 

溶岩石(5Kg)と流木M〜Lサイズ数本。

f:id:JFF:20180708192627j:plain

 

ま、すぐに何かするわけではないのですが、思いついたとき・気分が乗ったときに材料が手元にないのはもどかしいので、買い置きです。

 

 

 

 参加してみました。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

 

 

 

 

ヤマトヌマエビ投入。

ヨシノボリ水槽のアオミドロが増えてきたので、120cm水槽よりヤマトヌマエビを1匹移動しました。

 

トゲナシヌマエビを数匹の方が効果がありそうですが、大きさ的に捕食対象となりそうです。

 

f:id:JFF:20180701200134j:plain

この体格差ならさすがに食べられないかな…。

(石の隙間にエビ、左手前にヨシノボリ)

 

早速エビのそばに寄っていきましたが、食べられそうか確認したのか…?

 

 

 

 参加してみました。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

 

 

 

 

レイアウト変更。

36cm水槽のレイアウトを変更しました。

 

もともとレイアウト、などという代物でもないのですが…。

 

ロタラsp.Hraとロタラ・ロトンディフォリアの調子があまりにも良くないので、ごっそり入れ替えました。

 

変更前。

f:id:JFF:20180603163647j:plain

 

変更後。

f:id:JFF:20180623184626j:plain

120cm水槽で水面に達していたセイロン・ロタラ、調子の良いミリオフィラム・マトグロッセンセ、ヘテランテラを植えました。

ショートヘアーグラスも少々移植しました。

ウォーターフェザーが繁茂していた流木も、少し大きく感じていたので変更しました。

 

36cm水槽の調子、どうにかならんかな…。

 

 

120cm水槽は黒ヒゲ苔のついたブセの葉を切ったくらいで、水換えのみです。

f:id:JFF:20180623184639j:plain

 

ヨシノボリ水槽は、バリスネリア・スピラリスにコケ(アオミドロ?)がつきはじめたのでカットしました。

f:id:JFF:20180623184614j:plain

 

お腹すいたヨシノボリたち。

f:id:JFF:20180623184557j:plain

 

最近は人影を見るとガラスの前でひらひら泳いでいます。

f:id:JFF:20180623184544j:plain

 

ゼブラオトシンは療養中です。

薬には耐えてくれているようです。

ブロッコリーの茎を茹でて与えたら、ずっとしがみついています。

お腹すいてたんだね…。

f:id:JFF:20180623193054j:plain

 

 

 

 

 参加してみました。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

 

 

 

 

白点病。

やってしまいました…。

 

ゼブラオトシンの導入に失敗し、白点病にしてしまいました。

これまで白点病にかかった魚はなく、慢心していたようです。

いつもの手順通りの水あわせはしたのですが…。

 

水槽自体の急激な温度変化ではなく(ヒータはまだ作動させたままです)、移動や導入時のストレスによるものではないかと思われます。

 

念のため、サテライトをぶら下げていた120cm水槽の水温は1℃上げて27℃設定にし、様子をみることにしました。

 

魚病薬も温度調整可能なヒータの予備もなかったので、チャームさんで急遽購入です。

f:id:JFF:20180620194921j:plain

夜に注文して翌日の夕方に届くとは何とありがたい。

 

大急ぎで隔離水槽を作りました。

 

緊急治療室(急造仕様)。

f:id:JFF:20180620194940j:plain

 

定量の80%を目安にしましたが、ナマズ類は薬に弱いとのことですので心配です。

どうか良くなって欲しい…。

 

 

 

 参加してみました。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

 

 

 

 

ゼブラオトシン。

カルキ抜きとADA社の添加剤を買いにペンギンビレッジさんへ行ってきたのですが…。

 

この日は珍しく、妻と息子と行きました。

息子が販売水槽のところで動かないので、どうした?と聞くと…。

 

しましま模様が気に入ってしまったようで。

f:id:JFF:20180618092952j:plain

 

しましまがカッコ良いです。

f:id:JFF:20180618093003j:plain

 

他のオトシンクルス類と飼育方法は変わらないようですが、少しでも人工餌に慣れるようにしばらくサテライト暮らしです。

f:id:JFF:20180618093047j:plain

 

とぼけた顔がラブリーです。

f:id:JFF:20180618093031j:plain

 

当初120cm水槽にはオトシンクルス6匹、オトシンネグロ3匹を導入したのですが、現在確認できるのはそれぞれ2匹のみ。

流木や水草をどけて確認したわけではないので、もう少しいるのかもしれませんが、飼育はなかなか難しく感じます。

(確認できた個体は丸々と太っているのですが)

 

人工餌に慣れるかどうかも個体によるようですので、今後はコケ取り生体として導入するのはやめようと思っていました。

 

ゼブラオトシン、人工餌に慣れてほしい…!

 

 

Made in ADAも購入してしまいました。

f:id:JFF:20180618093019j:plain

 

 

 

 

 参加してみました。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

水換えと水草のカット。

前回から一週間経ちました。

120cm水槽のガラス面のコケは一週間でうっすら付く程度におさまってきました。

 

36cm水槽にいたってはガラス面にはコケがほとんど付きませんでした。

ただし36cm水槽は、エビによってだいぶ減ったとはいえアオミドロ状のコケは依然として存在し、ロタラ類は貧弱なままです。

こりゃリセットしますかね…。

 

36cm水槽の住人、ブリタニクティス・イエロー。

f:id:JFF:20180610131933j:plain

あまり動かないので写真に撮りやすいです(ピンボケですが)。

なぜか正面ばかり向いています。

f:id:JFF:20180610131953j:plain

 

 

さて120cm水槽はコケが生えにくくなってきたものの、ロタラ類はやはりイマイチです。

カリウム系の液肥は規定量の80%添加ですが、どうもこれに反応している気がします。

液肥の添加量を抑え、底床から吸収させようとイニシャルスティックを全体に埋めました。

その他、伸びていたりコケが付いていたり溶け始めていたりした葉をカットしました。

ロタラ以外は全体に調子が良いかと思われます。

 

レッドルブラです。

差し戻した方も溶けず、新芽も順調のようです。

f:id:JFF:20180610132120j:plain

 

クリプトコリネ・ペッチーは相変わらず暴走気味です。

どんどん密度が上がってきています。

f:id:JFF:20180610132004j:plain

 

ミリオフィラム・マトグロッセンセです。

差戻そうと考えながら数週間経ってしまいました。

調子が良く、再びカットのみです。ボリュームも出てきたのでもう少し様子見です。

f:id:JFF:20180610132015j:plain

 

ショートヘアーグラスです。

草の間にウォーターフェザーが落ちていたりエキノドルス・テネルスが混じり始めていますが、調子は良さそうです。

f:id:JFF:20180610132133j:plain

 

大磯砂ですが、絨毯らしきものができた気がします。

f:id:JFF:20180610132147j:plain

 

水流に揺れるウォーターフェザーにミナミヌマエビ

しばらく眺めていても飽きません。

f:id:JFF:20180610132039j:plain

 

ボーッと眺めていると、寝てしまいます。

f:id:JFF:20180610132159j:plain

 

 

作業前。

f:id:JFF:20180610135344j:plain

作業後。

f:id:JFF:20180610131707j:plain

 

 

 

 

 参加してみました。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

 

 

コケ減った?

36cm水槽は初期段階のアオミドロ(と思われるモノ)、120cm水槽はガラス面の緑藻が勢いを増しつつありました。

 

 

36cm水槽にはミナミヌマエビが数匹と、ヤマトヌマエビが1匹います。

が、ミナミヌマエビはやや力不足(可愛いんですが)、ヤマトヌマエビは水槽に対して少々大きかったのです。

 

そこで、最近(?)コケ取りのエビとして注目されているトゲナシヌマエビを導入してみました。

f:id:JFF:20180603163738j:plain

 

導入後に気づきましたが、ミナミヌマエビの稚エビがいました…。

f:id:JFF:20180603163726j:plain

 

これで36cm水槽には3種類のエビが同居することになりました。

コケをどうにかするならまず生体の数を減らすべきなのですが…。

 

現時点で導入後一週間ですが、目に付くコケが減った気がします。

36cm水槽はこのまましばらく様子を見て、どうにもならなければリセットしようと思います。

 

 

次に、三日と経たずにガラス面が緑藻に覆われてしまっていた120cm水槽です。

この一週間ではこれまでほどコケがつかなくなったように思われます。

 

変更した点は、カリウム液肥の添加量を増やしたことです。

これまでは増岡ファームさんのK-Tを規定量の40%〜60%/日を添加していましたが、これを80%/日に増やしました。

 

これが効いているのか、気温上昇に伴って水温がやや高めになったのが良いのか、あるいは多めの換水の効果が出はじめたのか?

 

まだ経過観察中ですが、水草も全体的に調子良いようです。

諦めて放置していたグリーンロタラが伸びてきました。ヒョロヒョロですが。

f:id:JFF:20180603163750j:plain

 

 カットしたレッドルブラに新芽が出ました。

f:id:JFF:20180603163825j:plain

 

 このほか、ミリオフィラム・マトグロッセンセは急激にボリュームを増し、エキノドルス・グリセバキーはランナーをどんどん伸ばし、ショートヘアーグラスは青々です。

ロタラ類もまずまずで、クリプトコリネも子株を増やしています。

 

ブリクサ・ショートリーフも間引いているもののそれに劣らず増えているようです。

f:id:JFF:20180603163812j:plain

 yanbo-wさんブリクサ要りませんか…?

 

  

f:id:JFF:20180603163703j:plain

 

 参加してみました。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村