J.F.F.

Life with Various Freshwater Fish

水換えと飼育魚。

今週末は特にすることもなく、定例の水換えだけしました。

 

水草の量とサカナの数から考えるともう少し頻度を下げても良さそうですが、

・水換えしておけば、その分病気やコケのリスクが減る気がする

・長期間水換えせずにいた場合、いざ水換えで水質が急に変化する

ような気がして、結局一週間に一度の換水はほぼ欠かしたことがありません。 

何度か今週はサボろうか、と思ったこともあるのですが、毎週面倒がりながらも水換えしています。

 

また、36cm水槽は120cm水槽の水を使用して立ち上げたこともあり、

・半分程度(約10リットル)水を抜く

・水換え前の120cm水槽から抜いた量の半分程度(5リットル程度)を入れる

・残り(5リットル程度)は新しい水を入れる

というやり方をしています。

 

 

さて、水換え時には新しい水にいろいろ入れます。

良し悪しはわかりませんが、顕著な悪影響は出ていないようです。

 

まずは増岡ファームさんのpH/KHマイナスです。

f:id:JFF:20171210162214j:plain

原水10リットルに対して3〜4プッシュほどです。

 

次に、カルキ抜きです。

特にこだわりはありませんが、入手性からペンギンビレッジさんのものを使用しています。

f:id:JFF:20171210162242j:plain

適当なプッシュタイプのボトルに入れ替えています。1プッシュでおよそ1ミリリットルであることを確認しています。

 

おなじみメネデールです。

f:id:JFF:20171210162231j:plain

水換え時にキャップに1〜2杯ほどです。

 

増岡ファームさんの微量元素です。 

f:id:JFF:20171210162337j:plain

定量の40%ほど添加しています。水換え時以外にもほぼ毎日同量です。

 

現在は添加を中止していますが、増岡ファームさんのカリウム液肥です。

f:id:JFF:20171210162352j:plain

f:id:JFF:20171210162401j:plain

上がリン+カリウム、下がカリウムのみです。

現在は添加を中止していますが、様子を見ながら再添加します。

 

ADA社のグリーブライティ・アイアンです。

f:id:JFF:20171210162411j:plain

 水換え時に規定量の40%、それ以外に毎日規定量の20%を添加しています。

 

 やはりADA社のグリーンブライティ・ニトロです。

f:id:JFF:20171210162421j:plain

 これは水換え時と毎日規定量の40%を添加しています。

 

ADA社のECAです。

f:id:JFF:20171210162430j:plain

水換え時と毎日10滴ほどです。

 

 

グリーンブライティ・ニトロの添加を始めて2ヶ月くらいですが、ガラス面に付くコケの量が減りました。

これは栄養豊富なソイルではなく、大磯砂に多量の水草という極端な貧栄養環境であったところに添加したため、水草の活性が上がり、コケに回る養分(窒素もリンもそれ以外のものも)がなくなってしまったのではないかと考えられます。

 

つくづくサカナ・水草・肥料のバランスは難しいと感じます…。

 

 

サカナは依然として元気です。

1匹ずつの撮影は携帯では難しいので、今回は一眼を引っ張り出しました。

(でもピンボケばかり)

 

レッドファントムテトラ・ルブラ。

f:id:JFF:20171210162642j:plain

真っ赤になりました。

 

グローライトテトラ

f:id:JFF:20171210170725j:plain

巨大化しました。レッドファントムテトラと同じかそれ以上に大きいです。

オレンジが美しく、人懐こいです。

 

ラスボラ・ヘテロモルファ。

f:id:JFF:20171210162450j:plain

やんちゃ者です。傷つける程ではありませんが、アフリカン・ランプアイをときどき追いかけ回しています。

 

アフリカン・ランプアイ。

f:id:JFF:20171210162548j:plain

追いかけられたら水草に隠れれば良いのに、またラスボラ・ヘテロモルファの目の前に姿を現わすという…。からかっているんでしょうか。

 

グリーンネオンテトラ

f:id:JFF:20171210171356j:plain

彼らもだいぶ太ましくなっています。追いかけも追いかけられもせず、至ってマイペースです。

 

テトラ・オーロ。

f:id:JFF:20171210162659j:plain

オスと思われる個体のヒレが長くなりました。シンプルな色味が美しいです。

 

ナノストムス・エスペイ。

f:id:JFF:20171210162512j:plain

後から投入した個体も大きくなりだしました。

初期の個体はうっすら緑がかったような金色が美しいです。

 

ディープレッドホタルテトラ。

f:id:JFF:20171210162439j:plain

36cm水槽の住人です。

まだそれほど赤くなっていませんが、餌をくれる人だということはわかってくれたようです。

エビが飢えそうだったので入れた、プレコ・タブレットに寄ってきています。

 

オトシンクルスオトシンネグロは姿が見えず、撮影できませんでした。

 

ショートヘアーグラスを買ってこないと…。

 

 

 

 

参加してみました。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

 

 

大掃除(?)。

120cm水槽はカリウム添加を中止し、ロタラ類の頂芽の萎縮が改善したかと思われました。

が、全体的には改善傾向にあるものの、一部で萎縮が続いています。

 

過去の施肥の一部成分が残留して底床内の養分バランスが崩れているものと判断し、正常な頂芽を差し戻す際に底床の掃除をすることにしました。

(といってもいわゆる「プロホースでザクザク」しただけです。)

 

遠慮なくザクザクしましたが、大磯砂ならではでしょうか。

 

インレーロタラの植栽位置を変更するついでにザクザクするだけのつもりでしたが、結果的に大幅な配置換えと掃除になってしまいました。

 

<変更前>

ブリクサ・ショートリーフが山と化して前面に張り出してきています。

・エキノドルス・グリセバキーが際限なく広がっています。

・ウォーター・ウィステリアが適当に生えています。

f:id:JFF:20171022161909j:plain

 

 

<変更後>

・インレー・ロタラを後方に植え直しました。

ブリクサ・ショートリーフを抜いてバラしてやや後方に植え直しました。

・浮いて見えていた根を隠していた石を撤去しました。

・エキノドルス・グリセバキーを小さな6株のみにしてやはりやや後方に植え

 直しました。

・見えませんが、ウォーター・ウィステリアを後方に植え直しました。

・前面に開いたスペースにはショートヘアグラスを植える予定です。

f:id:JFF:20171203120102j:plain

 

えらい勢いで他の水草の植栽スペースを奪っていたオーストラリアンドワーフヒドロコティレは、少しだけ植え直しました。

f:id:JFF:20171203120132j:plain

f:id:JFF:20171203120124j:plain

 

大量のブリクサ・ショートリーフが採れました…。

f:id:JFF:20171203120112j:plain

 

なので36cm水槽にも植えました。

f:id:JFF:20171203120145j:plain

 

 

36cm水槽は水草ストック用として運用するつもりでしたが、我が家には入手困難な水草はなく(増岡ファームさんのブセファランドラを除く)、良質な水草を販売しているショップも近いので、水草の種類も減らしました。

 

f:id:JFF:20171203120155j:plain

石なんぞを入れてみたり…(水草でみえないのですが)。

ブリクサ・ショートリーフとエキノドルス・テネルスの区別がつかないですね。

こちらも前面にはショートヘアグラスを植える予定です。

 

あとは買い物です。

f:id:JFF:20171203120205j:plain

養分を含まない大磯砂が底床のため、水中は慢性的に栄養不足のようです。ガラス面にさえあまりコケがつきません。

 

根をはる水草の補助と、根を張らない・底床に植えていない水草のためにグリーンブライティ・ニトロを添加しています。

添加量は規定の40%、添加を始めたところ水草の緑色が濃くなりました。

 

 

これでしばらくは楽ができるかな…?

 

 

 

参加してみました。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

CO2マスターアドバンス(増設)。

先日CO2分岐をし、とりあえず出水側のエアーマスターアドバンスに接続しておきました。

 

しかし、溶けきらずに泡の状態で出てきます。

効率が悪いので、きちんと給水側にCO2マスターアドバンスを設置することにしました。

 

 

増岡ファームさんでメインブロックと同時にCO2マスターアドバンスに似たミキサを購入してありましたが、通常のエアストーンを使用していることでしたので、エア噛み症状を恐れてWater Plants Worldさんの本家を使用することにしました。

増岡ファームさんのミキサは予備として保管しておきます。

 

設置後です。

手前下側は出水側に設置したエアーマスターアドバンス(現在使用せず)です。

f:id:JFF:20171119162843j:plain

後ろの配線をどうにかしなければ…。

 

 

溶けきっていないとはいえ、CO2に触れていたためかインレーロタラがずいぶん赤くなりました。

f:id:JFF:20171119162940j:plain

 

 

120cm水槽はpHモニタ設置をしてあるため、CO2濃度がわかります。

ドロップチェッカーをモニタ類がない36cm水槽に移設しました。

f:id:JFF:20171119162930j:plain

 

これで全体の水草の調子が上がると良いなぁ。 

 

 

参加してみました。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

 

 

 

 

単泳も混泳も楽しい。

いろんなサカナが種類ごとに群れをなすのを見たいがために120cm水槽にしましたが、そんなに甘くはありませんでした(笑)。

みんな好き勝手に泳いでいます。

 

 

36cm水槽は水槽自体の大きさもあり、ディープレッドホタルテトラの単泳にしています。

f:id:JFF:20171118162520j:plain

最近はようやく人影はエサの可能性があることを認識してくれたようで、前面に集まってきます。

 

単一の種類のサカナだけというのも、見ていて楽しくなります。

 

 

好き勝手泳いでいるとはいえ、120cm水槽のいろんなサカナが混泳している様子もまた大好きです。

f:id:JFF:20171118162534j:plain

 

 

遅ればせながら購入しました。

f:id:JFF:20171118162547j:plain

いつかレイアウト水槽を作ってみたいものです。

 

 

 

参加してみました。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

CO2分岐(メインブロック(3連))。

120cm水槽はフィルタ2基ですが、向かって右側の給水ホースにミキサを組み込んであります。

どうも水草の成長が右側に偏るように見えましたので、左側のフィルタにもミキサを組み込むことにしました。

 

また、36cm水槽のCO2添加は120cm水槽の電磁弁以降から分岐したため、添加のタイミングが120cm水槽のタイマーに依存していました。

これを分離します。

 

現在の構成です。

f:id:JFF:20171112172329j:plain

 

 

やるならカッコよくしようと、増岡ファームさんにCO2部材を買いに行ってきました。

 

f:id:JFF:20171112173955j:plain

3連メインブロックとスピードコントローラ、チェックバルブ、L字ユニオンなどです。

 

3連メインブロックはその場で作成していただきました。助かります…。

ボールバルブつきですのでメンテ時に停止も可能です。

f:id:JFF:20171112174245j:plain

緑色の系統を120cm水槽に、青色の系統を36cm水槽に使用します。

 

 

こんなイメージです。

f:id:JFF:20171112172318j:plain

 

メインブロックが2連で良かったのに気付いたのは、組み込んでいる途中でした…。

いつかの増設に備えて良しとしましょう(笑)。

 

 

あれやこれやしてようやく終わりました。

f:id:JFF:20171112174258j:plain

手持ちのありもので作ったうえ雑ですが、ちょっとメカっぽくなりました。

 

疲れてしまったので、右側のミキサは出水側につけっぱなしになっているエアーマスタアドバンスにひとまず接続しました。

 CO2が溶けずに泡のまま出ますので、かなり絞ってあります。

いつか給水側に変更しましょう。

 

 

 

参加してみました。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

 

 

 

根付いた?(ショートヘアーグラス)

ショートヘアーグラスが根付いた気がします。

 

f:id:JFF:20171104181931j:plain

 

しばらく抜かれては植え直し、抜けては植え直しを繰り返していましたが、最近はあまり抜けてこなくなりました。

ボリュームもほんの少し増えたようにも見えます。

 

植栽時。

f:id:JFF:20170924172404j:plain

 

気のせいではないと思います…。

 

 

サカナでは、テトラ・オーロがメスを追いかけたり、フィンスプレッディングをしたりと求愛行動?をしています。

f:id:JFF:20171104181940j:plain

 

追いかけっこやフィンスプレッディングはこれまでもありましたが、2匹で水草の陰に入っていくことも。

 

混泳ですから繁殖は難しいでしょうね。

 

 

 

参加してみました。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

 

 

 

ナノストムス・エスペイ(2)。

2017年5月にナノストムス・エスペイを初導入しました。

が、飛び出すこと数回。現在では2匹になってしまいました。

 

 

飛び出し事故を防ぐためにフタを作成しました。

f:id:JFF:20171009155236j:plain

鉄壁の防御。

 

 

作成したんですが、今度はサカナを追加しようにもなかなか入荷しません。

原産地で採取できなかったようです。

 

 

先日、いつもスターをつけてくださるトロントさんの記事を拝見し、近々入荷することを期待していました。

toronto1030.hatenablog.com

 

 

昨日ペンギンビレッジさんインスタグラムを見たところ、出庫されたとのことでようやく購入できました。

 

温度合わせ中。 

f:id:JFF:20171028191214j:plain

 先住の2匹が寄ってきました。

 

水合わせ中。

f:id:JFF:20171028191224j:plain

 

水槽に投入です。

f:id:JFF:20171028191234j:plain

比べてみると、先住の2匹はずいぶん大きくなっていました。

(お腹も出てきていました…)

 

今度こそ飛び出させずに飼育できると良いなぁ。 

 

 

参加してみました。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村