J.F.F.

Life with Various Freshwater Fish

エキノドルス・グリセバキー。

120cm水槽の端っこでエキノドルス・グリセバキーが密になっていたので、一部を植え直しました。

f:id:JFF:20200530165446j:plain

放っておくとランナーで広がっていきます。

成長はゆっくり目なので、こまめに手入れすればコントロール可能です。

ただ、やっぱり120cm水槽では巨大化しがちです。

 

 

新たに導入したミクロソリウムは今のところ溶けたり枯れたりはしていません。

f:id:JFF:20200530165513j:plain

 

 

底床に落ちていたひとかけらのモスを刻んで流木に巻いてみました。

f:id:JFF:20200530165500j:plain

 

 

 

モス増えるかな…?

 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

にほんブログ村

 

 

ミクロソリウム・セミナロー。

120cm水槽にはミクロソリウム・プテロプス(標準)と、トライデントが入っています。

f:id:JFF:20200523182747j:plain

高光量・高炭酸ガス濃度のためか、やたらと大きくなります。

(低光量・低炭酸ガス濃度のメダカ水槽ではあまり大きくなりません。)

 

もう少し小さめの、と思っていました。

 

チャームさんの通販サイトをみていたところ、

セミナロー

・ナロー(トロピカポット)

を発見したので購入しました。

 

まずは120cm水槽からプテロプス、トライデントを撤去します。

f:id:JFF:20200523182730j:plain

 

バケツいっぱいでした。

f:id:JFF:20200523182718j:plain

 

購入したセミナロー・ナローを配置しました。

f:id:JFF:20200523182741j:plain

溶岩石ひとつひとつに巻いていくのが面倒なので、久しぶりに流木を使いました。

 

セミナローはなるほどセミナローといった葉です。

ナローはセミナローとほとんど変わりませんでした。

(がんばって増殖中の本ナローはもっと細いです)

 

購入時の状態はどちらも文句のつけようがありません。

すでに葉に子株が付いているものもありましたが、親株だけで結構なボリュームのためあえて外しませんでした。

親株も無理に分けていません。

 

 

適当にカットしていたハイグロフィラ・ポリスペルマとヘテランテラは、いつの間にか密度が増してほどよい雑草感が出てきました。

f:id:JFF:20200523182752j:plain

 

 

 

 

ナロー、セミナローの成長が楽しみです。 

 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

にほんブログ村

 

 

ボララス・ブリジッタエを観察する。

60cm水槽の住人、ボララス・ブリジッタエです。

f:id:JFF:20200510165405j:plain

 

15〜20匹ほどいます。

導入当初はとても臆病で、水草の影から姿を現しませんでした。

現在では人影を追いかけるほどに懐きました。

 

エサは顆粒状の人工餌を与えています。

全長は1.5cmほど。口が小さいせいか、フレーク状のエサは食いつきは変わらないものの食べにくそうにしています。

 

ミクロラスボラ・ハナビ(1匹)とサイアミーズ・フライングフォックス(3匹)と同居しています。

同種・異種問わず小競り合いもせず、穏やかな性格のようです。

 

 

ほぼ水面付近にいます。

f:id:JFF:20200510165443j:plain

水深45cmがまったく活かされていませんが、上層にボララス・ブリジッタエ、中下層にミクロラスボラ・ハナビ、下層にサイアミーズ・フライングフォックスというのが我が家の位置関係になりました。

 

 

1回目の導入時には白点病にしてしまい、導入数の半分ほどになりました。

2回目は水合わせを慎重に行ったためか、病気になった個体はいないようです。

体が小さいため導入時には気を使いますが、飼育期間の長さにつれて赤みが増してきます。

もっと小さい水槽でコンパクトに飼ってみるのも良いかもしれません。

 

 

 

人影がないときは中層にもいたりします。 

 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

にほんブログ村

 

 

水草を眺めて過ごす。

週一回の水換え後、今度は水草を眺めて過ごします。

 

60cm水槽のストロギネ・レペンス。

f:id:JFF:20200502150836j:plain

前・中景草ですが、ほったらかしで伸び放題です。

これはこれで野趣があってよろしい感じですので、引き続きほったらかします。

 

同じく60cm水槽のロタラ

f:id:JFF:20200502150848j:plain

トワイライトとロトンディフォリア、sp.Hra、sp.香港です。

水面に達したものだけカットしています。

 

 

120cm水槽のミクロソリウム

f:id:JFF:20200502150900j:plain

トライデントとプテロプス、ナローがほんの少し。

トライデントに子株が大量に出てきています。

そろそろカットしたいところです。

 

120cm水槽のボルビティス。

f:id:JFF:20200502150911j:plain

葉の大きなタイプ(チャームさんで購入)と小さなタイプ(ペンギンビレッジさんで購入)したものがあります。

黒くなってきた葉を切ったらスカスカに。

周りにはハイグロフィラ・ポリスペルマ、ルドウィジア、ヘテランテラなど。

 

 

120cm水槽から出た子株はヨシノボリ水槽に。

f:id:JFF:20200502150922j:plain

光と炭酸ガスの関係か、こちらに入れるとあまり大型化しません。

 

 

メダカ水槽もミクロソリウムとボルビティスです。

アナカリスもちょっと。

f:id:JFF:20200502150935j:plain

底床にはマリモみたいになったコケが生えていますが、それ以外はガラス面もコケ知らずです。

 

 

 

 

やれる時間があるときにやっておこうと、家中のデバイスのアップデートをしました。

f:id:JFF:20200502150824j:plain

iPad Gen4(最初に買った太古機)

iPad mini Gen2(通勤中に新聞読むために買ってGen4に交代)

iPad mini Gen4(新聞機)

iPhone 5s(SEの前に購入、SIM抜いて照明類の制御用)

iPhone SE(旧)(現役)

Macbook

・Time Capsule

 

 

 アップデートが一番大変でした…。

 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

にほんブログ村

 

 

魚を眺めて過ごす。

いつも通り、週一回の水換えと少々の水草の手入れをしました。

 

外出自粛ですので、あとはサカナと水草を眺めて過ごします。

 

120cm水槽。

f:id:JFF:20200425162221j:plain

横から。

f:id:JFF:20200425162726j:plain

立ち上げから3年、だいぶサカナの数が減ってきてしまいましたが、このまま増やさずゆっくり見ていこうと思います。
有茎草も減ったので、毎日だった液肥の投与を週に3回に減らしています。

窒素系:規定量の20%、カリウム系:規定量の20%、鉄系:規定量の20%。

 

60cm水槽。

f:id:JFF:20200425162157j:plain

ガラス面のコケは相変わらずですが、水草にはつかない不思議。

メンテナンスフィッシュはサイアミーズ・フライングフォックスだけで、エビもオトシンクルスもいません。

ボララス・ブリジッタエは水面付近に固まっているので、中層が少々寂しいです。

人影に集まってくるようになりました。

こちらは有茎草ばかりなので、毎日液肥を投与しています。

窒素系:規定量の50%、カリウム系:規定量の50%、鉄系:規定量の50%。

 

 

メダカ。

f:id:JFF:20200425162143j:plain

ガラス面もほとんど汚れません。

赤いエビと橙のメダカの小さな世界なのに。

ボルビティスとミクロソリウムだけなので、液肥は週に3回です。

カリウム系:規定量の100%。

 

 

ヨシノボリ。

f:id:JFF:20200425162051j:plain

こちらも安定してきたようで、ガラス面が汚れなくなってきました。

ヘテランテラなどの有茎草も入っていますが(絶滅寸前ですが)、量が少ないので液肥は週に3回投与です。

窒素・リン・カリウム混合液肥:規定量の100%。

 

 

f:id:JFF:20200425162017j:plain

 

 

 

見ていて飽きません。 

 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

にほんブログ村