J.F.F.

Life with Various Freshwater Fish

近況。

だいぶサボってしまいました。

 

水換えやメンテナンスは毎週(だいたい)していました。

 

120cm水槽。

f:id:JFF:20210306171335j:plain

水換えと、増えすぎたモスを剥がしたり水流を邪魔するクリプトコリネの葉を抜いたり、といった程度です。

ミクロソリウムがだいぶボリュームが出てきました。ガラス面のコケは一週間程度ではほとんどつかない状態です。

サカナは3〜4年の老魚が多いため、徐々に数は減ってきていますがおおむね元気です。

 

60cm水槽。

f:id:JFF:20210306171346j:plain

こちらも水換えと、モスを剥がしたり前面に張り出してきたバリスネリア・ナナを引き抜いたりといった程度で維持しています。

写っていませんが、サカナはミクロラスボラ・ブルーネオンが住人です。

 

メダカ水槽。

f:id:JFF:20210306171358j:plain

水換えのみで目立ったコケもつかないほど安定しています。

もうすぐ生後2年経つメダカが1匹。

いっときほどの活発さはなくなり、今年の春が迎えられるか、というところだと思います。

 

オトシンクルス水槽。

f:id:JFF:20210306171409j:plain

立ち上げてまだ時間が経っていないため、まだ安定感はありません。

オトシンクルスが3匹います(ヤマトヌマエビも数匹)。

ガラス面のコケは1日できれいに食べてしまいました。

水草についたふわふわしたコケはヤマトヌマエビに期待していますが、なかなか減りません。

 当初入れていたアヌビアス・ナナは溶かしてしまいました…。

 

 

 

もうすぐボンベ交換です。

 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

にほんブログ村

 

 

36cm水槽立ち上げ。

ヨシノボリ氏がいなくなって空となっていた36cm水槽。

f:id:JFF:20201227190803j:plain

 

オトシンクルスの単独飼育用にすることにしました。

(エビは同居予定です)

 

60cm水槽で荒ぶっているウィローモスをはがして刻みます。

f:id:JFF:20201231135027j:plain

f:id:JFF:20201231135038j:plain

 

水作社製のフィルタをセットします。

f:id:JFF:20201231135006j:plain

スペースパワーフィット+ボトムフィルターの組み合わせ。

メダカ水槽で同じ構成としていますが、これが大変安定しています。

 

大磯砂を敷き、ヒータと炭酸ガスのディフューザをセット。

f:id:JFF:20201231135017j:plain

 

小さな流木に刻んだウィローモスを少々。

農薬抜きしていたアヌビアス・ナナを溶岩石にテグスで巻いてセット。

f:id:JFF:20201231135049j:plain

アヌビアス・ナナが少し立派すぎるかもしれません。

 

120cm水槽から10リットルほど水を拝借、残りは新水です。

f:id:JFF:20201231135119j:plain

同居予定のエビには先に移動してもらいました。

移動後1時間ほど様子を見ていましたが、落ち着きはないものの苦しんでいる様子はない模様です。農薬は抜けたとみて良いでしょう。

 

しばらくこのまま回して、水が落ち着いた頃を見計ってオトシンクルスを導入しようと思います。

 

弊ブログへお越しくださった方、本年もありがとうございました。

来年はもう少ししっかり書こうと思います…。

 

 

小さい水槽はセットが楽ですね。

 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

にほんブログ村

 

 

ブリクサの花。

120cm水槽のブリクサ・ショートリーフに花が咲いていました。

f:id:JFF:20201227190751j:plain

 

いつも通りに水換えを済ませ、ペンギンビレッジさんへ行ってきました。

f:id:JFF:20201227190814j:plain

アヌビアス・ナナを購入。

 

f:id:JFF:20201227190803j:plain

ヨシノボリ氏がいなくなって無人となっていた36cm水槽を立てようと思います。

水作のスペースパワーフィットも購入しましたが、組み合わせるボトムフィルターは在庫していなかったので別途購入します。

 

アヌビアス・ナナは農薬抜きのためしばらくバケツで過ごしてもらいます。

 

 

 

 

f:id:JFF:20201227191715j:plain

年末年始あたりに作業予定です。

 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

にほんブログ村

 

 

水換えをサボる。

毎週水換えをしていましたが、先週はサボってしまいました。

今週はきちんとメンテナンスしました。

 

120cm水槽。

f:id:JFF:20201219120312j:plain

ブリクサ・ショートリーフが増えてきました。

 

f:id:JFF:20201219120324j:plain

ブリクサが増えるまでの中継ぎだったヘテランテラを減らし、ブリクサを株分けして植えました。

 

 

60cm水槽。

f:id:JFF:20201219120335j:plain

バリスネリア・ナナとウィローモスは伸び放題ですが、調子は良さそうなので放置します。

ミクロラスボラ・ブルーネオンの背に、その名の由来である青いラインが出てきたようです。

 

メダカはあと3匹。

f:id:JFF:20201219120346j:plain

冬を越せるでしょうか…。

 

 

 

 

ブログもサボっていましたが、水換えだけはしていました。 

 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

にほんブログ村

 

 

コケ、減る。

3日ほどでガラス面が緑色になっていた120cm水槽と60cm水槽ですが、急激にコケが減りました。

 

120cm水槽。

f:id:JFF:20201101190947j:plain

120cm水槽のコケの原因となったのは、おそらく底床に埋めた固形肥料です。

粉末をカプセルに詰めたタイプで、適量ならば問題なかったのでしょうが、少々多かったようです。

 

粉末なのでカプセルが溶けると同時に底床に広がる

→大磯砂なので保肥できずに水中に溶け出す

→コケ大発生

ではなかったかと推測しています。

 

通常サイクルの換水でどうにか持ち直しました。

が、一部の水草に黒髭コケがついてしまいました。

底床・フィルターも汚れていたので、掃除してリン酸除去剤をセットし直しました。

現在はフィルター清掃後3週間ほどですが、やや黒髭コケの勢いがなくなってきたかのように見えます。

 

 

60cm水槽。

f:id:JFF:20201101190959j:plain

こちらは水草が成長し、バランスが取れたものと思われます。

かなり薄目に敷いた低床ですが、どうにかなったようです。

ロータスが伸び放題ですが、バリスネリア・ナナが繁茂し、概ね考えていた通りになりました。

 

 

やはりズボラな私には大磯砂があっているようです。

 

 

 

 今のところ一週間に一回のカリウム液肥と鉄系液肥のみにしています。

 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

にほんブログ村

 

 

ヨシノボリの死。

ヨシノボリが死んでしまいました。

 

2018年5月から飼育をはじめ、およそ2年半。

寿命は3〜4年、長いものでは8年という記録もあるようです。

外見におかしなところはなく、丸々と太っていたのでおそらく寿命かと思われます。

 

以前に比べて最近は少し大人しくなったかな、と感じていたのですが、老いていたのでしょう。

 

飼いはじめた頃。

f:id:JFF:20201017194446j:plain

当初は2匹でしたが、縄張り争いをしないようにすぐに1匹は元の池にもどしました。

 

今年の9月。

f:id:JFF:20201017194523j:plain

背びれは青く、尾は橙。

 

餌を手から取りそうなほど懐いていました。

飼育者の息子は号泣でした。

 

 

飼育の楽しさを教えてくれてありがとう。

 

 

 

 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

にほんブログ村

 

 

スマート電源タップ。

120cm水槽と36cm水槽×2は、それぞれADA社のパワーコードS-70(スマート電源タップ)で照明/炭酸ガス/エアレーションを制御しています。

 

60cm水槽は照明がGrassyCoreで、スマホアプリによるオン/オフ/調光制御のため炭酸ガスとエアレーションの制御はタイマーのままでした。

そのままでも特に問題はないのですが、パワーコード側は平日と休日で機器の起動時刻を変えており、60cm水槽はそれに合わせて手動で炭酸ガスをオンにしています。

(タイマーはニッソー社製で、手動オンは可能ですが手動オフはできないので、エアレーションは平日と同じ時刻まで稼働したまま)

 

f:id:JFF:20200919142109j:plain

どうにもスマートでないので、スマート電源タップを追加購入しました。

ADA社のパワーコードOEM供給元であるMEROSS社製で、見た目も同じかと思います。

パワーコードに付属の金属製のカバーはなし

スマホアプリは共通で使用可能

・個別制御の100V×4口と一括制御のUSB×4口は同じ

・お値段1/4

 

f:id:JFF:20200919142120j:plain

見た目良くありませんが、下段のタップが今回の製品です。

GrassyCoreの制御は点灯消灯時刻と照度パターンのみで、曜日によって時刻を変えることができません。このため手動部分は残りますが良しとしましょう。

 

 

さて120cm水槽はアオミドロ様のコケが増えてきたため、ヤマトヌマエビ10匹を導入します。

f:id:JFF:20200919142028j:plain

温度合わせ中。

 

最近増えてきたアオミドロ類は手で取っていましたが、エビにお任せにします。

スネール退治前から増えていたので、プラナリアゼロの影響ではないでしょう。

水換え時に少し底床の掃除もしました。

f:id:JFF:20200919142038j:plain

1年ぶりくらい?

 

 

メダカ水槽ではエビだんごができていました。

f:id:JFF:20200919142050j:plain

 

 

ヨシノボリ氏は泰然自若。

f:id:JFF:20200919142101j:plain

 

 

 

コケとの戦いは終わりませんね…・ 

  にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

にほんブログ村