J.F.F.

Life with Various Freshwater Fish

コケ、減る。

3日ほどでガラス面が緑色になっていた120cm水槽と60cm水槽ですが、急激にコケが減りました。

 

120cm水槽。

f:id:JFF:20201101190947j:plain

120cm水槽のコケの原因となったのは、おそらく底床に埋めた固形肥料です。

粉末をカプセルに詰めたタイプで、適量ならば問題なかったのでしょうが、少々多かったようです。

 

粉末なのでカプセルが溶けると同時に底床に広がる

→大磯砂なので保肥できずに水中に溶け出す

→コケ大発生

ではなかったかと推測しています。

 

通常サイクルの換水でどうにか持ち直しました。

が、一部の水草に黒髭コケがついてしまいました。

底床・フィルターも汚れていたので、掃除してリン酸除去剤をセットし直しました。

現在はフィルター清掃後3週間ほどですが、やや黒髭コケの勢いがなくなってきたかのように見えます。

 

 

60cm水槽。

f:id:JFF:20201101190959j:plain

こちらは水草が成長し、バランスが取れたものと思われます。

かなり薄目に敷いた低床ですが、どうにかなったようです。

ロータスが伸び放題ですが、バリスネリア・ナナが繁茂し、概ね考えていた通りになりました。

 

 

やはりズボラな私には大磯砂があっているようです。

 

 

 

 今のところ一週間に一回のカリウム液肥と鉄系液肥のみにしています。

 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

にほんブログ村

 

 

ヨシノボリの死。

ヨシノボリが死んでしまいました。

 

2018年5月から飼育をはじめ、およそ2年半。

寿命は3〜4年、長いものでは8年という記録もあるようです。

外見におかしなところはなく、丸々と太っていたのでおそらく寿命かと思われます。

 

以前に比べて最近は少し大人しくなったかな、と感じていたのですが、老いていたのでしょう。

 

飼いはじめた頃。

f:id:JFF:20201017194446j:plain

当初は2匹でしたが、縄張り争いをしないようにすぐに1匹は元の池にもどしました。

 

今年の9月。

f:id:JFF:20201017194523j:plain

背びれは青く、尾は橙。

 

餌を手から取りそうなほど懐いていました。

飼育者の息子は号泣でした。

 

 

飼育の楽しさを教えてくれてありがとう。

 

 

 

 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

にほんブログ村

 

 

スマート電源タップ。

120cm水槽と36cm水槽×2は、それぞれADA社のパワーコードS-70(スマート電源タップ)で照明/炭酸ガス/エアレーションを制御しています。

 

60cm水槽は照明がGrassyCoreで、スマホアプリによるオン/オフ/調光制御のため炭酸ガスとエアレーションの制御はタイマーのままでした。

そのままでも特に問題はないのですが、パワーコード側は平日と休日で機器の起動時刻を変えており、60cm水槽はそれに合わせて手動で炭酸ガスをオンにしています。

(タイマーはニッソー社製で、手動オンは可能ですが手動オフはできないので、エアレーションは平日と同じ時刻まで稼働したまま)

 

f:id:JFF:20200919142109j:plain

どうにもスマートでないので、スマート電源タップを追加購入しました。

ADA社のパワーコードOEM供給元であるMEROSS社製で、見た目も同じかと思います。

パワーコードに付属の金属製のカバーはなし

スマホアプリは共通で使用可能

・個別制御の100V×4口と一括制御のUSB×4口は同じ

・お値段1/4

 

f:id:JFF:20200919142120j:plain

見た目良くありませんが、下段のタップが今回の製品です。

GrassyCoreの制御は点灯消灯時刻と照度パターンのみで、曜日によって時刻を変えることができません。このため手動部分は残りますが良しとしましょう。

 

 

さて120cm水槽はアオミドロ様のコケが増えてきたため、ヤマトヌマエビ10匹を導入します。

f:id:JFF:20200919142028j:plain

温度合わせ中。

 

最近増えてきたアオミドロ類は手で取っていましたが、エビにお任せにします。

スネール退治前から増えていたので、プラナリアゼロの影響ではないでしょう。

水換え時に少し底床の掃除もしました。

f:id:JFF:20200919142038j:plain

1年ぶりくらい?

 

 

メダカ水槽ではエビだんごができていました。

f:id:JFF:20200919142050j:plain

 

 

ヨシノボリ氏は泰然自若。

f:id:JFF:20200919142101j:plain

 

 

 

コケとの戦いは終わりませんね…・ 

  にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

にほんブログ村

 

 

スネール退治。

以前にヒドラが発生した際に購入してありました。

f:id:JFF:20200912135543j:plain

 

スネールも少量なら共存できますが、ガラス面にびっしりいるとうんざりしてしまいます。

 

60cm水槽はカワコザラガイ、120cm水槽はサカマキガイ(と思われる)が発生していました。

 

60cm水槽はサカナの導入前に処置済みです。

f:id:JFF:20200912135443j:plain

現在はまったく姿を見せませんので、殲滅できたかと思われます。

 

ミクロラスボラ・ブルーネオンも先住のサイアミーズ・フライングフォックスと仲良くできているようです(というより互いに無関心)。

f:id:JFF:20200912135456j:plain

 

120cm水槽もおそらく殲滅(または激減)できたと思われます。

 

120cm水槽は、調子の上がらないボルビティスを撤去して、ボリュームが出過ぎたミクロソリウムの範囲を広げました。

f:id:JFF:20200912135509j:plain

移設前はここが暗くみえるほどでした。

 

ボルビティスのあった場所へ一部を移動しました。

f:id:JFF:20200912135521j:plain

 

ミクロソリウムは本ナロー(?)、セミナロー、ナロー(トロピカ)がありますが、後者2種類は子株が多量に出ていました。

今回は移設が主なので、残念ながら子株は破棄しました。

 

だいぶ減らした有茎草も移設・整理しました。

f:id:JFF:20200912135532j:plain

ハイグロフィラ・ポリスペルマ、ルドウィジアルドウィジアsp.スーパーレッドを左奥にまとめました。

 

 

 

サカナ、エビには影響は見えていませんが、ブリクサの調子が落ちたかも…。

  にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

にほんブログ村

 

 

ミクロラスボラ・ブルーネオン。

現在の正式名は「ミクロデバリオ・クボタイ」というそうです。

 

60cm水槽はまだ安定していないものの、サカナを入れても大丈夫な程度になったと判断しました(パイロットとしてサイアミーズ・フライングフォックスは導入済み)。

 

アフリカン・ランプアイやブルーアイ・ラスボラなど、銀色っぽいサカナを入れようと考えていました。

 

ペンギンビレッジさんで状態の良いミクロラスボラ・ブルーネオンを見つけてしまい、購入してきました。

 

温度合わせ中。

f:id:JFF:20200905194508j:plain

 

きれいな黄緑色が出ており、濁りもありません。

f:id:JFF:20200905194520j:plain

 

購入直後こそ色が飛んでいましたが、水槽投入後15分で色が戻りました。

 

初めて飼うサカナですので、試行錯誤になりそうです。

 

 

緑色のサカナってあまりいませんね。 

 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

にほんブログ村

 

 

バリスネリア・ナナ。

60cm水槽に植えた、バリスネリア・ナナがだいぶ成長しました。

f:id:JFF:20200823171529j:plain

 

タイガーロータスもかなり伸びています。

f:id:JFF:20200823171602j:plain

 

ガラス面のコケがひどく、一週間で曇ってしまいます。

まだ安定していないのでしょうが、60cm水槽は底床の量・薄さもあって安定するか微妙なところです。

 

120cm水槽は、以前カット・差し戻したロタラsp.香港から新芽が出てきました。

f:id:JFF:20200823171540j:plain

ブリクサも施肥したせいか元気になったように見えます。

 

メダカ・ヨシノボリ水槽は特に変化もなく安定です。

f:id:JFF:20200823171550j:plain

 

 

 

 

流木のモスは活着したようです。 

 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

にほんブログ村

 

 

ブリクサ・ショートリーフを植える。

60cm水槽に、120cm水槽から株分けしたブリクサ・ショートリーフを植えました。

f:id:JFF:20200810192229j:plain

 

バリスネリア・ナナもランナーを伸ばし始めました。

ブリクサは少し奥すぎたかもしれません。バリスネリアに飲み込まれそう…。

 

120cm水槽は水換えのみ。

f:id:JFF:20200810192531j:plain

f:id:JFF:20200802120400j:plain

差し戻したルドウィジアやハイグロフィラ・ポリスペルマが少し伸びてきました。

 

メダカ水槽では稚エビが。

f:id:JFF:20200810192544j:plain

ルリーシュリンプ?チェリーシュリンプ?ハイブリッドかもしれません。

 

ヨシノボリ氏はいつも通り(元気)。

f:id:JFF:20200810192239j:plain

 

60cm水槽に入れるサカナを考え中ですが、このままサイアミーズ・フライングフォックスだけでも良い気がしてきました。

水草の絶対量が少ないので、あまり多くのサカナは入れられないためです。

 

 

 

 いろいろ考えているときが楽しいですね。

 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

にほんブログ村